プロライターが最もこだわっているトコロ

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

私はライターのプライドをもって、記事を書いています。
 
何度も何度も流れや全体のイメージを確認しながら、
自分の中で気になる部分や、引っかかる部分を、
調整しながら作り上げていきます。

それはブログであっても、他の原稿であっても。

ただ、

「気になる」とか「引っかかる」とかって、
結構感覚的なものなので、
こだわりは色々とあるのですが、
実は普段はそんなに意識していません。
 
 
「こだわりポイントを教えて下さい」
 
なんて言われると、
案外すっと出てこない気がします。
 
そんな私ですが、
先日、人にお仕事を手伝ってもらう機会があり、
原稿を書いてもらって、私がチェックをしたのです。
 
 
その時に、
一番私が気になって、指示を出したのは、
 
「行間の取り方」
 
でした。
 
 
 
言い回しでも、漢字の使い方でもなく、
行間の取り方。
 
 
私、自分が思ってる以上に、
そこにこだわってるんだな~と、
面白い発見でした。
 
 
確かに、普段の行動を思い返してみると、
 
ブログ記事をアップする時、
プレビュー画面で何度も確認し、
細かい調整をしているのが、
「行間」です。
 
 
伝わる文章かどうかって、
言葉の選び方や、文法の正しさだけじゃないんですよね。
 
 
全体の見た目も大事。
 
だから、何も文字が書かれていない「スペース」の存在は、
侮れないのです。
 
 
特に、一枚の広告や、一つのブログ記事では、
「余白」って大切なポイント。
 
 
記事をパッと見た時に、
「読みやすそう、美しい」
と思ってもらえるかどうか。
 
 
その為の行間使いに、
あなたもこだわってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA