「伝わる文章」を書くための超基本

こんにちは
集客ライターの向井雅代です。

 

皆さん、文章を書くのは得意ですか?苦手ですか?

たとえ書くことに苦手意識があったとしても、
個人で仕事をしていると、
ブログやFacebookに文章を書いて発信していくというのは、
避けて通れない道。

それも、ただ書くのではなく、
「読んでもらう」「伝える」ことが前提だから、
考えこんでしまう人も多いですね。

でも、書くってそんなに難しいコトではありません!

上手下手はもちろんあるけど、
私はやっぱり気持ちが一番大事だと思っています。

どんなに上手でも、上辺で書いたものって心に響かないし、
逆に、どんなに拙くても気持ちが乗っていれば読み手に伝わる、

そんなモノです。

だから、心が赴くままに書いてもらいたいな、というのが一番ですが、
その上で、テクニックとして「伝わる文章」を書くちょっとしたコツ、

すっごく基本的な事なのですが、
これだけはまず押さえておいてもらいたいポイントをご紹介します。

人に読ませる文章を書く時は、

「短く、簡潔に、誰でもがわかる言葉で」。

当たりと思われるかもしれませんが、
これ、出来ていない人が意外と多いです。

特に、

・一文が長過ぎて、文章として成り立たなくなっている
・一記事に言いたい事を詰め込み過ぎて、結局何が言いたいのかわからない
・文字が多くて、とにかく読みづらい

というブログ記事をよく見かけます。

(そういうブログを読んだ時は、こっそり一人心の中でつっこんでいます。笑)

「誰でもがわかる」というのが大切。
だから、簡単な言葉で、シンプルに短くというのが良いのです。

小学生のような単純な文章で構いません(笑
ごちゃごちゃわかりづらいものよりよっぽどマシ!!

「私、文章長めかも…。なんか全体的に文字が多いかも…」

と心当たりのある方は、
今日から「短く簡潔に」を意識して、書いてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA