花まる添削》専門的な言葉を使うときの注意点

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

手を挙げて下さった方のブログ文章を公開プチ添削している、
「花まる添削シリーズ」。

第14回である本日も、告知記事についてです。

 

登場して下さるのは、
鹿児島のスピリチュアルヒーラー赤瀬川宏美さん

『サイキックプロテクション講習会』というセミナー告知文の、
添削依頼を頂きました。

 

こちらが、宏美さんの記事から抜粋したものです。
↓↓↓

 

リーブル☆サイキックプロテクション講習会キラキラ開催します(^o^)

 

リーブル・サイキックプロテクションは、
リーブスインスティチュートの高次元プロテクションと同じ効果がありながら、
チャネリングやエネルギーがよくわからないと言う方も 
プロテクションができるようになる画期的なワークですキラキラ 


私自身も今までに受けた講習の中で、
一番助けられているありがたいプロテクションですラブラブ! 



サイキックプロテクションがある状態で、
私自身が一番実感することは、
周りの影響を受けなくなることで、
いつも自分らしくいれるということ。


自分と他者との境界線を自然と引けるようになるので、
「これが自分だ」と いう感じで、
自分の意見や気持ちがはっきりわかるようになりました。 


エンパスだし、

感じる力が普通より強いようで、(笑)
時として痛みを伴うことや、
感情移入しすぎて、
勝手な思いで自分が疲れるしょぼん
な~んてことが以前はよくありました(苦笑)

ンダリという他者との境界線をひけるようになるので、
いつも自分の中心にいられる感じで、
色々な意味で影響受けないので、
心身の疲労が激減アップ

あんなにしょっちゅう体調壊していたり、
エネルギーの影響受けていたり、
混みやデパートなど苦手で
外出出来なかったりした
受講前の自分が嘘みたいですにひひ(笑 

(中略)

クローバーこのような方にお勧めクローバー 

・家庭や職場の対人関係にストレスを感じる方 
・「NO」と言えない、断れない方 
・周りに振り回されて疲れてしまっている方 
・人混みが苦手で、疲れてしまう方 
・エンパス(人の気持ちや念を感じてしまう)の方 
・本当の自分や気持ちがわからない方 
・接客業の方(ヒーラー、セラピスト、病院など特に) 
・自分らしくありたい方 
・本当の自分がわからない方 
・安全で気持ちの良い空間を創りたい方 
 などなど 

 全文はこちらリンク5月31日(日)鹿児島市開催☆サイキックプロテクション講習会

流れとしては、基本的なことは押さえられているし、
「なんか良さそうだな」という事は伝わってくるのですが、

「そもそもサイキックプロテクションって何?」
という“ハテナ”が、ずっと頭の中に存在し続けたまま読まなくてはならないのが、
気になります。

さらに、「エンパス」や「バンダリ」という、
耳慣れない言葉が続き、
謎は深まるばかりです(笑

専門用語を使うことや、詳しい説明を入れないことが、
必ずしもダメなのではありません。

ポイントは、この文章を誰に向けて書いているのか明確になっているか、
というコト。

すでにこの分野に精通していて、
「サイキックプロテクション」と聞いて何の説明も要らないレベルの人を、
ターゲットにしているのであれば、
煩わしい説明はむしろ必要ありません。

でももし、
過去にこういった分野に触れたことのない、
初心者にも読んでもらいたいという想いで書いているのであれば、
パッと見て万人が理解出来るようでない言葉は、
最初に登場させた時に、わかりやすい説明を加えることをオススメします。

宏美さんの記事は、最後に出展元からの引用文を載せてらっしゃいますが、
これを、ご自身の文章の途中にはさんで行くという手法もアリかもしれませんね。

(ただ、元の文章もかなり専門的である印象を受けるので、
 初心者に向けては、そのままの言葉じゃない方が良いと思いますが…)

宏美さんが書かれた記事の、
「このような方にお勧め」のところを見る限りでは、
どの程度のレベルの方に向けた講習なのかが、
ハッキリとはわかりませんでしたので、
今回の添削結果とさせて頂きました。

このような専門性の高い講習は特に、
受けてもらいたい方のレベルを想定して告知文を書くと、
より伝わる文章になると思います。

とゆ~わけで、
これができれば花まる~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA