花まる添削》今日も助詞のレッスンです!

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

立候補して下さった方のブログ文章をプチ添削している、
「花まる添削シリーズ」

第7回目の今日は、変身メイク店オーナー藤田はなさんです。

 

Facebookで、
「『の』が続いてしまう問題に悩まされている!」とコメントをくれたはなさん。

そうおっしゃられているだけあり、
恐らく相当意識はされているハズ。

独特の言葉使いも飛び出す、個性ある文章ではありますが、
どの記事も、わかりやすい言葉で書かれています。

でも、もしかすると、
「繰り返しちゃいけない!」と意識し過ぎて、
かえって、ちょっとおかしな言い回しになっていることもあるかも?
という印象を受けました。

「の」に加えて、「が」や「は」「に」「を」などの助詞をもっと意識することで、
文章も、メイクのようにミラクル変身しちゃいますよ!

いくつかピックアップして、手直ししてみましょう!

 

まず1つ目。

↓↓↓

私は、8年前からの週末起業では、デザイナー経験を活かし、ブログとネットだけで、お店の宣伝をしてきました。

↑↑↑

矢印「私は、8年前に週末起業を始めた時から、
  デザイナー経験を活かしたブログ作りとネットだけでお店の宣伝をしてきました。」

とか。

2つ目。

↓↓↓

髪の色が変わったことが、気づく人がいることに、びっくりで嬉しかった。

↑↑↑

矢印「髪の色が変わったと気付く人が居ることに、びっくりして嬉しくなった。」

とか。

3つ目。

↓↓↓

少し前に、髪の毛を真っ黒の地毛にしていたのを、明るい茶色に変えたんです。

↑↑↑

矢印「少し前、それまで地毛のまま真っ黒だった髪を、明るい茶色に変えたんです」

とか。

 

一文を短く。
主語、述語、目的語の関係を常に考える。
意味のない重複はできるだけ避けて、
繋がりがおかしくない助詞を使う!

これだけで文章も、ミラクル変身っ!

とゆ~わけで、
これができれば花まる~

以上!!
本日の花まる添削でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA