花まる添削》ちょっとした改行ミスをなくしましょう!

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

立候補して下さった方のブログ文章をプチ添削している、
「花まる添削シリーズ」第2回!!

 

本日はマキさん

とっても素敵なアクセサリーの制作をされていて、
ブログも、画像たっぷりに楽しい記事を書かれています!

基本的に、短い文章でわかりやすくまとまっているところが私は好きですが、
じっくり見させてもらうと、
時々、妙な改行が見受けられるのが気になっちゃいました。

例えばこちら

↓↓↓

可愛いっていうのが本当は大好きなのに、媚びて
みられるのが嫌ですっごくダークな色をつけたりね。

↑↑↑

おそらく本来は、
「大好きなのに、」で改行して、
「媚びてみられるのが…」と続かせたかったのだと思いますが、
なぜかちょっと変なところに区切りが入ってしまいましたね。

また、こちらも

↓↓↓

雅恵さん、ひとクセいや、ふたクセのある
お洋服もアクセサリーも難なくこなされます。

↑↑↑

こうなっていると、
「ひとクセいや、ふたクセのある」という言葉がどこにかかっているのか、
ややわかりにくいですね。

「ひとクセもふたクセもあるお洋服やアクセサリー」
と言いたかったのだと思いますが、
私は一番最初に見た時、
「ひとクセいや、ふたクセ」が「雅恵さん」にかかっているのかな?と読んでしまいました。

この文章の場合、改行の場所を変えることと、
助詞「は」を足すことで、
わかりやすくなりますよ~!

→「雅恵さんは、ひとクセもふたクセもあるお洋服やアクセサリーを、
  普段から、難なく着こなされている方です」

という感じに。

とゆ~ことで、
これができれば花まる~はなまる

 

もしかしたら、マキさんはスマホで記事を書かれていて、
見え方が違い、改行が入ってしまっているのかもしれません。

でも、改行の位置によって、
意味が変わってしまったり、わかりにくくなってしまったりすることもあるので、
今度からちょっと気を付けてみて下さいね!

以上!!
本日の花まる添削でしたっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA