「一文字の違い」が生み出すモノ

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

良い文章を書くコツとして、「繰り返しを避ける」というのがあります。
 
 
特に「の」の繰り返し、
人の記事を読んでいても、気になるんですよね~、私(笑)
 
 
目にとまったこちらの方の記事タイトル。
オートクチュール美人をつくる林とも子さん
↓↓↓

「林智子の苦悩の3日間」

↑↑↑
 
Facebookに投稿されていた文章を含め、
面白そうだなと思いましたし、
実際記事内容もなかなか良いものでした。

ただこのタイトル、

「の」が2つ続いてしまった事で、
若干、野暮ったいんですよね!(汗
 
 
これを、
 
 

「林智子の苦悩の3日間」 
    ↓
「林智子、苦悩の3日間」

 
 
 
と、
一文字変えるだけで、
リズムが良くなりスッキリします!
 
たった一文字。
それだけで、印象も伝わり方も違ってくる。
 
 
文章って不思議です。
 
 
 
今回のケースでは、
リズムやセンスがちょっと変わるだけの話だったかもしれませんが、
場合によっては、一文字の違いで
意味そのものが変わってしまうこともあります。
 
 
誰かに読ませる文章を書く時は、
細かい一文字まで、
こだわってみて下さいね!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA