ターゲット設定は必要か否か

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

私が広告を作る仕事をしてきて学んだのは、
ターゲットを設定するという事。
 
どんな人がこの商品にお金を出すのか、
お客様の人物像を、常々考えながらコピーや画像を作ってきました。

 

でも、先日とあるセミナーで、
「ターゲットを設定するのは大企業のみ。
  小さな個人事業主は設定なんてするな」
というような事を言われて、
 
な~んか腑に落ちなくて、
ずっとその事を考えていました。
 
 
 
そして私なりに1つの解釈に辿り着いたので、
今日はそれを綴ってみようと思います。
 
 
 
ビジネスし始めの個人は、
お客さんをこちらから選ぶのではなく、
売れる人に売れる物を売るのが基本。
 
自分が
「こんな人に向いてるはず」と思っている人と、
実際必要としている人の像がズレている事も多々ありますからね。
 
変に視野を狭めるのではなく、
「欲しい」と言ってくれる人にただ売る。
 
その人が言いたかったのは、
こういう事かな、と。
 
確かにビジネス初心者で、
この辺のセンスがない人が下手に「ターゲット」と考えると、
失敗するかもしれません。
 
 
でも、
「売る」という事だけを見たらそうかもしれませんが、
 

頭に「文章で」という言葉を付けた時には、
やはりターゲット設定が必要だと思うのです。

 
 
 
単純に、
「いついつどこどこでやりまーす。これる人は誰でも良いので来て下さーい」
という告知をするのではなく、
戦略的に、文章の力を使って売ろうとするのであれば、
ターゲットを設定していない、
もしくは設定がうまく出来ていない文章は、
セールスレターとは言えません。
 
 
 
ターゲット設定は別にそんなに難しい事ではありません。
 
 
「欲しい」と言って買う人が増えてくると、
買ってくれる人に傾向が出てきます。
 
同業他社(者)がいくつも存在する中で、
あなたを選んで来てくれる人の傾向が、必ず。
 
 
それを知り、同じような人がもっと来てくれるようにするのが、
ターゲット設定の基本。
 
そして、
それを踏まえて作るのが、セールスレターです。
 
 
 
ブログの告知記事の質を高めたいと思うのであれば、
その文章はどんな人に向けて書くのか、
しっかり考えてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA