人を動かす広告コピーとは

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

突然ですが皆さまは、ブログをどう活用していますか?

私は、ブログは無料で出来る広告だと思っています。

「広告」として、
お客様となる読者の方々に、仕掛ける事が出来るツールだと考えています。

私は20代の時は、
リクルートという会社で、広告作りの仕事をしていました。

その時から、広告やコピーライティングについて学んでいます。

人が「購買」という行動を起こすまでには、
一連の心理的な流れがあります。

広告は、
どの段階に居る人に向けて打っているものなのかによって、
効果的な打ち出し方、コピーに使う言葉が変わってきます。

「人の足を実際に動かす」
という狙いがある時に、威力を発揮するコピーのひとつが、

具体的で、細かい、ささいな、日常的なエピソードを使う事。

決して抽象的でなく。

その状況が、
誰の頭で考えても具体的に、しっかりと浮かぶような言葉を使い、
情景が思い浮かんだら、購入したくなるような。

そんなコピーを使っているのが、
良い広告です。

私は普段、街中でも色んな広告にすごく目が行くのですが、

「そこついてきたか~!」

と思う広告に出会うと、なんだかワクワクしてきます。

基本的に、広告が好きです(笑

皆さんが、「やられた~!」と思うのは、どんなコピーですか?

あなたを動かす広告に出会った時は、
是非、手法を真似てみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA