何のためにSNSをやっているのか

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

先日、告知記事添削サービスの案内を、Facebookに投稿したところ、

こんな、ケンカを売るようなコメントを頂きました。

 

「添削だけならいらない。

 そんな事なんの意味がないのは、あなたが一番分かっているでしょう?

 どんな文章にすれば良いか提案してくれるなら申し込みたいですけどね」

 

ちなみに、全くお会いした事も、ネット上で絡んだ事もない方です。

 

アドバイスが欲しいようなので、

「その上から目線の文章は、良くないですね(^^)」とした上で、

SNSコミュニケーションで、

いや、初対面の人との人間的な当たり前のコミュニケーションとして、

円滑にいくような言い回しを具体的にコメントで「添削」して差し上げました(^^)

 

そしたら、いつの間にかコメント消されてましたけどね(笑)

(今となっては、スクリーンショット撮っておけば良かったと後悔!)

69b6bc51ce88618ac9666541d0fe8f41_s

 

こういうコメント、確かに私自身少なからずイラッとした気分になったので、

歓迎とは決して言いませんが、まあこちらとしては、

「色んな事言う人がいるでしょう。あなたからは買ってもらわなくて良いので。」

で済みます。

 

ただ、驚くべきは、

この方のタイムラインを見に行ったところ、

ご職業が「クレーマー」ではなく、

Facebookをプライベートで使っているのでもなく、

個人としてサービスを提供し、その為の発信をしている方だっという事。

 

つまり、Facebookは、

この方のお客様や、お客様になり得る方が見ている場だという事です。

601f893f56389d9ded3cae4f184cf5c4_s

 

他人の投稿にケンカのようなコメントを書くのは良いですが、

それを見たこの方のお客様は、どう思うでしょう?

この方のサービスを買おうと検討していた人は、どう感じるでしょう?

 

初対面の人に対して失礼な態度をとる人から、何かを買いたいと思うでしょうか?

あなたならどうですか?

 

Facebookをお仕事で使うというのは、そういう事です。

 

お客様や、お客様になる方が見ているのです。

 

もしかしたらこの方は、その時何か虫の居所が悪くて、

イライラしていたところに、たまたま私の投稿が目に入って、

思わず、負の感情をぶつけてしまっただけなのかもしれません。

 

それでも、お客様は見ています。

この方のファンであればあるほど、見ているでしょう。

 

だから例えどんな事があっても、

考えもなく他人を攻撃したり、マイナス感情をSNS上に垂れ流してはいけないのです。

他人を傷付けないためというよりは、

あなたの大切なお客様を、残念な気分にさせないためです。

 

SNSを使っているのは、お客様と繋がるためなのか、

自分のネガティブ感情をぶちまけるためなのか。

 

お仕事で使っている人にとって、SNSは「公の場」。

たった一言のコメントでも、お客様が見ているということを忘れないようにしましょう。

 

あ、ちなみに私の添削サービスでは、

ダメ出しをするというよりは、

「こうしたらもっと良くなる」という視点で見させて頂いておりますので、

安心してご利用下さいませ!

13445321_843058282467549_61057418178707887_n

☆ブログ告知記事添削メールサービス 詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA