お客様を残念な気持ちにさせない

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

 

先日入ったカフェで、とても残念なトコロがありました。

それは、
時間帯によって提供しているメニューが違うにも関わらず、
スタッフがお客さんに提示するメニュー表が1種類しかないこと。

全部の時間帯のメニューが1冊に書かれていて、
それも、わかりにくいんでしょうね。

「ご注文はお決まりですか?」

「〇〇をお願いします!」

「申し訳ございません。こちらは〇時からのメニューとなっておりまして…」

「えー!!じゃあどうしようかな」

というやりとりを、
1度や2度ではなく、
1日に何度も、という頻度で見かけました。

せっかく数分かけて、ワクワクしながら決めて、
注文する時には、もうすっかりそれを食べる気分になっているのに、

「ありません」「出来ません」

では、
何だかとってもガッカリしてしまいますよね。

皆さんのメディアは、
そんな風にはなっていませんか?

スケジュール、空き状況などを公開されている方、
情報は最新になっていますか?

「この日に受けられる~」
と思って申し込んで下さったお客様に、
「その日は既に埋まっております」
などと言って、ガッカリさせてしまわないように、

常に最新の状態となるよう、管理しておきましょう!

情報をわかりやすく整理しておく、
というのも、大切ですよね。

上のカフェについては、
時間ごとにメニュー表を分けたら良いのに…
と、思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA