小さなストレス解消の為のひと手間

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

直接売上には繋がらないかもしれない事でも、
小さな心配りが、結果大きな差になるかもしれません。

私が会社員時代に上司とのやり取りであった、こんなエピソード。
↓↓↓

まだまだ入社1年目の時、雑用のような仕事も多くて、
週に1回、全員書かなくちゃいけない「整理整頓チェックシート」みたいなやつを、
課のメンバーの分、集めて上司に提出する係りをしていた時のこと。

役職や職種、年次で何かと序列のある会社だったので、
成績表の並び順とか、会議の時の座る順とか、
いつも決まっていたんです。

だから私は、集めたシートをその順番に並べ直してから課長に提出しました。

それだけの事なんです。

けど、その課長から、
「こういう細かい心配りが出来る人は、お客様からも信頼されるよ」
という言葉を頂きました。

それ自体は何の成果にも繋がらないかもしれませんが、
結局は仕事ひとつひとつに出てくるって事かな。
と、当時も感じたことを覚えています。

個人起業家である私たちは、
お客様お一人お一人との繋がりが本当に大切。

人間同士のお付き合いなので、
お客様は、少しでも気持ち良くサービスを受けたいと思っているはずですよね。

「これが1つこうだったからって、直接売上には繋がらない」
と思うような事も、
もしかしたら、最後のところで選ばれる理由になるかもしれません。

例えば、お申込みして下さった方とのメールのやり取り。

先日、申込みをしたセミナーに行く時に、
細かい場所、道順を、行きながらスマホで調べながら向かっていたのです。

入金した後に「確認しました」って来てたメールに書いてあるかなと思いきや、
載っていなくて。
その方のブログを開いてみたけど、場所は書いていなくて。
結局、申込みが完了した時に自動返信で来たメールを探して、
そこに記載されているのを見つけましたが、
そのメールを探すのに結構苦労しました。

まぁ、
「前日のうちにちゃんと調べておけよ」とか、
「自動返信来た時にちゃんと見て、フラグ立てておけよ」とかっていう、
こちら側の不手際も承知の上ですが、

それでも、入金後のメールにも書いておいてもらえるか、
開催日直前に、もう一度メールをもらえたりすると、
助かるなぁと思ったのでした。

もちろん、全ての人がそれを必要としているかはわからないし、
何度もメールが来る事を、煩わしいと思う人も居るかもしれません。

全員の要望に応えることは難しいですが、
私は、ひとのサービスを受けて自分が「こうだったら良いのにな」と思ったことは、
自分が提供する側になった時に、取り入れるようにしています。

あなたももし、「もっと○○だったら良いのにな」と感じる事があれば、
是非、ご自身のサービスの中に取り入れてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA