売れる営業マンがしている金額提示のしかた

こんにちは、集客ライターの向井雅代です。

私が時々出会う光景。
 
求めているサービスがあって、
詳細を知りたくて、
「おいくらですか?」
と聞いた時、
 
スッと明確な答えが返って来ず、
「ご要望の内容によって変わってくるのですが…」
とか、
「ウチの商品は、こういう所にこだわってまして…」
とか、
 
ごちゃごちゃ言われたあげく、
 
 
結局いくらかかるのか、
サッパリわからない!!
 
 
と、いうシチュエーション。
 
皆さんは、出くわしたことないですか?
 
 
私はたまにこういう人に出会うのですが、
正直イライラするし、その人から、商品は絶対に買いません。
 
売れる営業マンは、料金を聞かれたら、
ハッキリと、堂々と金額を提示します。
 
 
細かい説明は後。
聞かれた事に対して、
まず明確に、迅速に答えます。
 
 
料金と言うのは、
最終的に、お客様が買うか買わないかを判断する、
最重要事項。
 
 
どんなに良い商品でも、
内容に見合った価格であっても、
たとえ相場より安い値段であったとしても、
 
払える金額には、人それぞれ限度があります。
 
 
内容によって変わるってことは、
確かにあると思うのですが、
ひとまず、目安や相場をお客様に伝えることが大切なのです。
 
 
お客様には予算や限度額があるのですから、
そもそも「内容が良ければ」と検討できる余地があるのかどうか。
 
その判断をしてもらわなければいけません。
金額がわからなければ、
お客様は検討すら出来ません。
 
例えば、
どんなに自分が求めている商品で、
すっごく欲しいものだったとしても、
値段が1億円だったとしたら、
 
今の私には、
頑張ることさえ出来ない金額です。
 
 
どんなに熱心に勧められても、
どんなにすごい営業マンに言われても、
買えないですね。
 
 
私に、今1億円の商品を勧める行為は、
無駄でしかないんですよ。
 
 
実際は、
1億円の商品は、
私のような人に買ってもらう想定はされていないので、
売られる機会もないですよね(笑)
 
 
あなたの商品も、全ての人に、購入を検討してもらう必要はありません。
 
 
あなたが付けている料金に、
それだけの価値を感じてくれて、
払えるという人に買ってもらえれば、
それで良いのです。
 
 
そもそも価値がわからないとか、
どんなに頑張っても今その金額を払えない人に向かって、
説明したり、お勧めしたりするのは、
時間の無駄!
 
 
買ってもらえる可能性のあるお客様に、
しっかりプレゼンすべきです。
 
料金を聞かれた時には、
口ごもる必要も、
あれこれ言い訳する必要もなくて、
 
ただ堂々と、明確に、
数字を提示すれば良いだけ!
 
聞いてもいないのに、変に言葉数が多いとあやしいですよね。
 
 
自分の商品と価格に自信を持って!
 
あなたのサービスを求めている方へ、
きちんと情報を届けてあげて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA